起業のリトマス試験紙 その3

こんにちは、道幸道場統括リーダーの小島和浩です。


大企業に勤めている人ほど危ない、という驚くべき真実!
  いまから準備した人だけが間に合うだろう。
すべてはこの先5年のあなた自身の選択にかかっている!

遂に発売!!
道幸武久の2年ぶりの新刊です。

    『会社の寿命10年時代の生き方』


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

起業のリトマス試験紙 その3


道幸が、このような話をするときまってある質問がやってきます。

  「私は1、2に該当します。起業を諦めたほうがよいのでしょうか?」 と・・・

しかし、そんなことはないのでご心配なく。

ただ、私のブログから皆さんに何度もお伝えしている

        「営業力」で 稼ぐ力、貯める力、増やす力

を身につけさえすればよいのです。

        では、どこで身に付ければよいのか?


私なりに考えた結果、やはり実践を通すしか方法はないようです。
いくらたくさんのセミナーにでたところでやはり限界があります。

そこで、起業を真剣に目指されている方のみ限定で、「営業力=起業力」をはかるリトマス試験紙として営業トレーニング実践版として道幸道場をご用意しましたので、

◎近日起業を考えている方で営業力をアップさせたい方
◎今、まさに起業中の方で売上アップのヒントにしたい方
◎営業初心者だけど将来のために勉強したい方
◎営業がなぜ起業に必要なのか理解を実践で深めたい方

3ヶ月 90日間 で営業力をマスターされ、皆さんの夢実現に向けてアクションをおこしてください。

道幸道場に興味がある方はお問合せください!

素晴らしい力を手に入れるのはあなたの決断の質にかかっています。


皆さんの起業をサポートでき、皆さんがより素晴らしい人生を手に入れられることを祈っております。  


そうそう、コチラの起業家を成功に導く最新情報もお勧めです!!
クリックした人から成功できる!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


───────────────────────────────────

■道幸の右腕で絶対の信頼を置いている玉貫による・・
      「成功者のタイム・マネージメント」セミナー

成功者と呼ばれる人は、時間の使い方も、普通とは異なることは
知っていますか?

全ての人に平等なもの、
それは、1日=24時間、1年=365日であるということ。

限られた資源、しかし活用次第で何より偉大な恩恵を与えてくれる・・

それは「時間」です。

「夢実現への時間の使い方」を、
インフォプレナーズジャパンの玉貫社長が大公開します。

人生をより充実したい方のご参加をお待ちしています。


 日時:11月18日(土)13:30〜16:00(受付開始13:15)
 会場:渋谷T'sビジネスタワー
 会費:2,000円(事前振込)
 定員:50名限定


□お申込みはこちら
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P6711156

───────────────────────────────────
posted by 道幸道場統括リーダー at 06:59 | Comment(1) | TrackBack(1) | R35世代の生き方

起業のリトマス試験紙 その2

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

起業のリトマス試験紙 その2


もし、皆さんが年商1000万円のビジネス目標があるとします。
その場合、第2タームの6ヵ月後(180日後)で少なくとも月商100万円を達成していなくてはならないということです。

ではなぜ6ヶ月で月100万円を達成しなくてはならないのでしょうか?

答えは明白です。


      「急激にキャッシュフローが悪化するからです」 。


もし、皆さんが生活レベルをなるべく下げて、経費も最小になるように務めてもおそらく月20〜30万円はかかるでしょう。

そうすると資本金300万円の有限会社でスタートしたとしても 「あっ」 という間に300万円の資金の底がみえてきます。

この6ヶ月目に月商が100万円に到達していれば最低でも運転資金の確保と資本金の目減り阻止、経営者の良好な精神状態が得られます。

月商100万円になっていれば、まわりからの応援も得られることでしょう。

お金がなくなるという精神状態は経験しないとわからないかもしれません。
プロのスポーツ選手も同様です。例えばゴルフ練習場では素晴らしい球筋を打てたとしても、試合になると本当に同じ人が打っているのか疑いたくなるようなショットがでるケースが往々にしてあります。

これは、試合(本番)になると筋肉が緊張で硬直し始めるからです。
起業で筋肉は硬直しないでしょうが、経営者に精神的な硬直はありえるのです。
重要な決断を毎日のようにしますから精神が硬直したら決断に重大な支障を与えてしまいます。

前提として、起業に向いている人と向いていない人がいると言われています。


 1、起業までにコツコツと資金を貯めるような人

 2、起業するときにもとでが 「0」 又は 借金がある人

 3、起業するときに必要な資金より手持ちが少し足りない人


 1の人は、
 お金に対して安定のニーズが最も高いので起業後、資金の底がみえたときに人一倍の恐れを感じる可能性があります。

 2の人は、
 お金の管理に無頓着すぎる可能性がありますので経営がどんぶりになりやすく危険です。まず、うまくいきません。たくさんみてきました。

 上場企業でもそうなのですが、経営には目標値の±5%程度の誤差が生じる予想外の出来事を計算する必要があるので、

 3の人は、
 起業するのに最も適した人の可能性があります。バランス感覚に優れているかもしれません。足りない資金をまわりの人から協力を得られる人です。
 

これらは、あくまで参考材料にしかなりませんが、皆さんがどのタイプに該当するかは自問自答されたほうがよいと思います。



そうそう、コチラの起業家を成功に導く最新情報もお勧めです!!
クリックした人から成功できる!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


posted by 道幸道場統括リーダー at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | R35世代の生き方

起業のリトマス試験紙 その1

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

起業のリトマス試験紙 その1


皆さんは今から1年後の(12ヵ月後)の成功を確実にするとしたらどんな計画と行動をとればよいと思いますか?

数億円企業の経営者でも明確には認識していないノウハウがあります。

それは・・・

            【クォーターの法則】で成功する


ことです。


これは、1年間を以下のように4分割して考えることを意味します。

   90日間      90日間       90日間       90日間
I-------------I--------------I---------------I---------------I


ではこの4つの区切りで何をすれば成功の確率があがるでしょうか?



そうです

Plan(計画) → Do(実行) → Check(確認) → Evaluation(評価)

を徹底して行うのです。



大企業では当たり前のように行われているPDCEサイクルですが、どんな方でも起業したとたんにこれらの行動がプレッシャーからかできなくなります。

ただここに目安として最も重要な目標地点(期間)があります。


それは・・・


続く。。。。


そうそう、コチラの起業家を成功に導く最新情報もお勧めです!!
クリックした人から成功できる!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


posted by 道幸道場統括リーダー at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | R35世代の生き方